【純米酒】猩々(しょうじょう)CM~半世紀のときを経て現代へよみがえる幻の酒~「伝統の味をぜひ一献」

【純米酒】猩々(しょうじょう)CM~半世紀のときを経て現代へよみがえる幻の酒~「伝統の味をぜひ一献」

旧北国街道に面する喜多家では明治から昭和50年代までの100年間、酒造りを営んでいました。このたび復刻する銘柄「猩々」は、創業当時から最後まで造り続けられた喜多家を代表する銘柄で、地元に親しまれたお酒です。「猩々」は能楽の演目に登場し、人々に幸福を与える縁起の良いお酒が好きな妖精のことです。

野々市で収穫された酒米「五百万石」と野々市の清く豊かな水、石川県立大学が培養した喜多家の酵母菌を用い中村酒造株式会社が醸造に取り組むという、まさにオール野々市の「産学官連携事業」として復刻します。

2022年3月の発売を予定しています。ご期待ください。

【映像協力】
野々市市能楽愛好会
公益社団法人金沢能楽会
中村酒造株式会社

#幻の酒
#純米酒
#近日発売

【純米酒】猩々(しょうじょう)CM~半世紀のときを経て現代へよみがえる幻の酒~「伝統の味をぜひ一献」

CC: 野々市市チャンネル(Nonoichi City Channel) – www.NipponXanh.com

Leave a Reply

Your email address will not be published.