第24回 放射線治療の体への負担と治療費は?日本でなぜ知られていない?【中川恵一×生稲晃子】

第24回 放射線治療の体への負担と治療費は?日本でなぜ知られていない?【中川恵一×生稲晃子】

1回3~4分で、毎月2回の「オトナのがん教育」。
第24回も女優・生稲晃子さんとの対談です。がんの治療法として知られる放射線治療について、手術での治療とはどう違うのか?どういったメリットがあるのか、副作用はあるのかなどについて解説していただきました!

↓↓『がんは放射線治療の時代へ』は以下からダウンロードできます!↓↓
https://www.jastro.or.jp/customer/ordinary/customer_leaflet.pdf

【目次】
00:00 オープニング
00:39 日本の放射線治療の割合
01:00 昔の日本のがんと治療
01:24 放射線治療の映像
02:09 副作用について
03:21 多くのがんで手術と放射線治療は同程度の治癒率になる
04:16 エンディング

▼より詳しく知りたい方はこちら!
日本放射線腫瘍学会
https://www.jastro.or.jp/

放射線治療(国立がん研究センター)
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/radiotherapy/index.html

第16回 3大治療法の違い、特徴は何ですか?

■このチャンネルについて■
がん専門医の東大病院の中川恵一先生が、
がんに関する正しい知識と最新情報を皆さまにお伝えしたいとYouTubeでの講座を開始されました。
女優の生稲晃子さんとの対談形式も好評です!
注目の動画、ぜひ、視聴を!
がんについてより詳しく学びたい方は、ぜひチャンネル登録と高評価もお願いします!

▼がん対策推進企業アクションの詳細は下記をクリック!
https://www.gankenshin50.mhlw.go.jp/

▼がん対策推進企業アクション公式Facebook
https://www.facebook.com/gankenshin50

■中川恵一 プロフィール■
厚生労働省がん対策推進企業アクション アドバイザリーボード議長
東京大学医学部付属病院放射線科 総合放射線腫瘍学講座 特任教授
がんの専門医として長年がん治療と研究に携わる。2018年には自身の膀胱がんを自ら検査して発見する。がんサバイバーとして経過観察をしながら現在も治療と研究にあたる。講演、コラム執筆、著書等の実績多数。

▼中川先生の実績、著書や連載など(東大病院)
http://www.u-tokyo-rad.jp/staff/nakagawa_serial.html

▼日刊ゲンダイヘルスケア Dr.中川がんサバイバーの知恵
https://hc.nikkan-gendai.com/series/3923

■生稲晃子 プロフィール■
女優、厚生労働省がん対策推進企業アクション アドバイザリーボードメンバー。
数々のテレビドラマ、映画、舞台などに出演。2015年に自身のがんについて公表。2011年の乳がん発見から再発を経て、計5回にわたる手術と闘病を経験。現在は東海テレビ「スイッチ!」水曜レギュラーほか、リポーターや講演活動など多数。

▼オフィシャルサイト(プロダクション尾木)

生稲晃子

▼生稲晃子オフィシャルブログ
https://lineblog.me/akko1917/

▼Instagram
https://www.instagram.com/akiko__ikuina/?hl=ja

▼著書「右胸にありがとう そしてさようなら」(光文社)
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334978655

#オトナのがん教育 #放射線治療 #中川恵一 #生稲晃子 #がん対策 #がん検診 #治療費 #仕事と両立

第24回 放射線治療の体への負担と治療費は?日本でなぜ知られていない?【中川恵一×生稲晃子】

CC: がん対策推進企業アクション – www.NipponXanh.com

Leave a Reply

Your email address will not be published.